スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分がデッキを組む時に考えること

新しいデッキを組む時、自分は「使いたいカードorギミック」を中心に考えることが多いです。だいたいの人がそうなんじゃないかなと思ってます。使いたいカードをピックアップして、それを使うのに必須のカード(ここでは、使いたいカードを出すためには必要最低限のカードとします)を入れ、相性のいいカードを選別して、自分のデッキを思うとおりに動かすために罠を入れたり・・・。

相性のいいカードを選別するところまでは同じですが、自分の場合は汎用妨害系罠カード(《激流葬》とか)というのを非常に使いたくない人なのでそういったカード類は一番最後に回すことが多いです。そして大体入りません。
自分は自然とデッキを組む時「相手の動きを妨害する」ことは考えず「自分のモンスターを守る」ことを考えてしまうんです。たとえば《禁じられた聖槍》とか《安全地帯》とか。もちろん、デッキによっては《激流葬》なども入れたりしますが、滅多に入りません。

じゃあなぜ使いたくないのか。
正直なところ、特に明確な理由は無いです。ただの気まぐれなんです。強いて言うなら、みんながよく入れてるカードをあまり使いたくないって感じです。そうです、ただのあまのじゃくなのですw
もちろんこれらを入れないとデュエルで勝つのは難しくなるのはわかってます。ただそう言われても気が進まないのです。うーんこの。
まあそこはこだわりと言うことで。


使いたいカードを決めたとしてもポンポンとデッキが組めるわけはないです。実際自分もそうです。よく行き詰ったりします。そんな時に、考え方を少し変えたりします。
「使いたいカードをメインとして考えるのではなく、サブとして考える」
どういうことかというと、そのカード中心にデッキを考えるのではなくて、そのカードも使えるデッキを考える、ということ。つまり、メインカードじゃなく隠し札にしてしまうのです。
メインカードならば、大体が2~3枚入ると思います。ですが、隠し札、すなわちサブとして考えるならば2枚も入れなくて済みます。
自分の場合ですが、例えば《大天使ゼラート》を使いたいと思ってるが、このカードをメインとしたデッキがなかなか組めなかったりしたときに、サブとして考えます。このカードは《天空の聖域》がないと機能しません。《天空の聖域》自体は必要不可欠だが《大天使ゼラート》をサブとして考えている、という状況。ここで「他に《天空の聖域》が生きるカード」を探すと、《マスター・ヒュペリオン》や《天空勇士ネオパーシアス》などが出てきます。これらもゼラート同様にサブとして考えると、それぞれ1枚3種類のカードがデッキに入る状況となります。
こんな感じで、バリエーションが増えたりします。もちろん、増えない場合もありますが。

デッキテーマでも同じ感じで組んでます。「カラクリだけでデッキが作りたいがどうしてもワンパターンになる」と思った時、「カラクリをメインにするのではなくサポートとして考えよう」てな感じに。

考え方を変えるだけでデッキ構築ってのはがらりと変わると思います。実際こういった考え方は数学の問題を解くのと似てたりします。理系っぽい考え方なのかな?と自分なりに思ってみたり。

まあこういった考えた方は価値観によってかなり意見が分かれたりしますが。どうしても行き詰った時にはもしかしたら突破口になるかもしれないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6029位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。