スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレムベル・デスガンナーの強み

昔から自分が愛用している《フレムベル・デスガンナー》。特殊召喚ができないという厳しい条件によりフレムベルデッキなどから疎遠されてる(?)カードになります。

「特殊召喚できない」という条件を、デメリットと取るかメリットと取るか。それによって価値観が変わってくると思います。

もしも、相手がフレムベルデッキだとしましょう。仮にもし特殊召喚が可能であるモンスターならば、《死者蘇生》だけで一撃必殺を喰らう可能性があります。しかし特殊召喚ができないので、手札から出すしかない。この条件は、メリットでもありデメリットでもあるわけです。

そして、厄介なのが「フレムベルと名のつくモンスターをリリースしなければ召喚ができない」ということ。これだけ見ると「フレムベルがないとこのカードが輝かない」と思いがちですが、実際そうではないです。「召喚ができない」だけなんです。誰も「通常召喚ができない」なんて言ってません。
つまり、「アドバンスセット(通常召喚)して何らかの方法でリバースさせればいい」と言う事です。これが自分が使うデスガンナーデッキに《ADチェンジャー》を必ず採用させてる理由になります。リバースする方法は他にもたくさんあり、有名どころでは《カラクリ参謀 弐四八》なんかが当てはまるでしょうか。手間はかかりますがね。
もちろん、「フレムベル」と名のついたモンスターをリリースすれば通常通り召喚ができるので、すぐにでも効果が使えます。

そして、墓地の守備200のモンスターを除外することにより除外したモンスターの攻撃力分のダメージを与える効果。これがメインですが、予想以上に火力がでかいです。魔法カード1枚で叩き出せる最高火力が《デス・メテオ》や《火炎地獄》の1000です(記憶違いだったらすいません)。しかしこのカードでただきだせる最高火力は2600となります。デスガンナーを複数枚入れていれば墓地の同名カードを除外することで2200ダメージ。ライフの1/4以上を持っていくことになります。オフではこのカード効果を阻止せんがために《デモンズ・チェーン》などで執拗にとめてきた人もいました。守備力200のモンスターなら何でもOKなのが強み。《ライトロード・マジシャン ライラ》なんかも入れてる時期がありました。最近では《ダウナード・マジシャン》なんかも対象内ですね。
墓地のモンスターを1体のみ除外して発動するので《星邪の神蝕》との相性もいいです。効果を使っても使っても弾が次々と充填されていく感じですね。

まだまだ自分でも気づけてないところがある感じですけど、このカード。使ってみて分かったのですが想像以上に強いです。バーンで焼き切れない時、機械族とこのカードを融合して《起爆獣ヴァルカノン》を出して追撃することもできますし。最近では《サイバネティック・フュージョン・サポート》という機械族融合モンスターの補助カードも登場したので、デッキの組みようによっては、全然採用できると思います。いろいろ試していきたいと思っていますが・・・今、摸索中のデスガンナーデッキがあるので、そちらの構築が終わって一通り回し終えたらになりますね。どれほど時間がかかるのか・・・w

もっと使う人が増えたらいいなーなんて思ってたりしてますw
それでは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
16866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3247位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。