スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に製作中のデッキの解説なんか

今、遊戯王のデッキで製作しているのが5つあります。そのコンセプトとかやりたい事とかを整理すると同時に解説なんかしてみたり。

・【Final Gemini Ⅲ -Assault Mode-】(リゾネーターデュアル)
「リゾネーター」を軸に組んでいるデュアルデッキです。《ダーク・リゾネーター》《フォース・リゾネーター》《バリア・リゾネーター》を採用しています。「悪魔族」と言う事で言わずもがな《魔族召喚師》が入ってます。
《魔族召喚師》自体の種族は「魔法使い族」なので、《レベル・スティーラー》なんか使って《アーカナイト・マジシャン》も容易に出せると。またチューナーが「悪魔族」なので《デーモン・カオス・キング》なんかも出せたりします。シンクロしやすいということで「/バスター」を3体ほど入れてます。
「リゾネーター」を使用するということで、《スカーレッド・カーペット》が入ってます。これで《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》や《シューティング・スター・ドラゴン》なんかも狙ってます。
《アーカナイト・マジシャン》や《魔族召喚師》などの「魔法使い族」、ドラゴン族シンクロモンスターと「戦士族」も結構入ってるので、《ミラクルシンクロフュージョン》を採用してます。これで《覇魔導師アーカナイト・マジシャン》《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》も出せるようにしてます。結構積め積めです。

以上の事をまとめると、このデッキのコンセプトは「/バスター、バーニングソウル、アクセルシンクロ、シンクロ融合体」となります。



・【vwXyz Union 2012】(エクシーズユニオン)
エクシーズモンスター《ギアギアント X》を使って《VWXYZ-ドラゴン・カタパルト・キャノン》の召喚を狙うデッキです。
中心となるカードは《前線基地》。このカードはユニオンモンスターを1ターンに1度特殊召喚できるというユニオンデッキ必須カードとなります。このカード使って速攻で《ギアギアント X》を召喚し、《マシンナーズ・ピースキーパー》などでサーチできない《X-ヘッド・キャノン》や《V-タイガー・カタパルト》をサーチします。このデッキには《ギアギアーノ》が1枚入ってるので仮に《ギアギアント X》が破壊されてもこのカードを墓地から召喚して次につなげることもできます。あと、もちろんのことながら《ジェイドナイト》は入ってます。
また、機械族専用の蘇生カードである《アイアンコール》を使えば、楽に《XYZ-ドラゴン・キャノン》が召喚できるので必須級カードとなります。

いろいろな過程を踏んで《VWXYZ-ドラゴン・カタパルト・キャノン》を召喚する、というのがこのデッキのコンセプトになります。



・【双刃剣-腐蝕之霧】(アンデットワールド軸ジェムデュアル)
《アンデットワールド》を軸にしているジェムナイトデュアルデッキです。
中心となるのはもちろん《アンデットワールド》なんですが、別にこのカードがなくても動けると言えば動けます。たとえば《ゾンビ・マスター》の効果で《ジェムナイト・オブシディア》をコストに発動します。墓地から☆4のアンデット族モンスターを蘇生した後《ジェムナイト・オブシディア》の効果により☆4の通常(デュアル)モンスターを蘇生させます。そこからエクシーズすると。そう、《アンデットワールド》は、《ゾンビ・マスター》の効果対象を増やす役割があります。これ意外に重要です。あと、エクシーズが軸になってくるので《蒼血鬼》も1枚ですが入ってます。
また、このデッキには《ヘルカイザー・ドラゴン》が入っています。その理由は、《竜魔人 クィーン・ドラグーン》と組み合わせてランク6エクシーズを狙うため。《地獄の門番 イル・ブラッド》の効果で《ゾンビ・マスター》を蘇生させます。そのあとに効果を発動させてランク4で《竜魔人 クィーン・ドラグーン》を召喚。《竜魔人 クィーン・ドラグーン》の効果で《ヘルカイザー・ドラゴン》を蘇生させた後、《地獄の門番 イル・ブラッド》とエクシーズ。この流れができるので1枚だけ入ってます。



・【ドラゴニック・ウィング】(神風ドラゴン)
《霞の谷の神風》を軸に動かすドラゴン族デッキです。
このデッキの中心となるカードは《霞の谷の神風》なんですが、これと並行して大切なのが《プチリュウ》です。このカードは、ただの通常モンスターなんですが、「風・ドラゴン族・☆2」という大変すばらしいステータスを持ってます。尚且つ攻撃力が1000以下なので《ドラゴラド》からの蘇生もできます。
《ドラゴラド》の効果で《プチリュウ》を蘇生後、《プチリュウ》を戻して《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚します。《霞の谷の神風》の効果でデッキから《召喚師セームベル》を特殊召喚。《召喚師セームベル》の効果で手札に戻した《プチリュウ》を特殊召喚すると、《ガチガチガンテツ》と《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》を並べることができます。これがこのデッキでやりたい流れになります。
上記の流れで、《霞の谷のファルコン》がいたら、《ガチガチガンテツ》を《ダイガスタ・フェニクス》にして《霞の谷の雷神鬼》の2回攻撃という流れにスイッチすることもできます。
あと、手札に戻すカードがあまりにも少なすぎると感じたので《鬼ガエル》とエクシーズ要因の《粋カエル》を採用しています。



・【アトリビュート・プラント】(属性変化植物シンクロ)
属性を変化させて出せるシンクロを豊富にしようとしたデッキです。
このデッキの中心カードは《錬金生物 ホムンクルス》です。このカードは1ターンに1度、自身の属性を自由に変化させることができます。つまり、このカードをシンクロ素材にすることにより、あるときは《ナチュル・パルキオン》、またあるときは《氷結界の虎王ドゥローレン》と、スイッチすることができます。
《イービル・ソーン》と《ナチュル・チェリー》がそれぞれ3枚ずつ入ってるので、ランク1エクシーズモンスターも出しやすいなと思い《No.83 ギャラクシー・クィーン》を入れてます。これで、自分のフィールド全域に貫通&戦闘耐性効果を付加させられます。あとは《フォーミュラ・シンクロン》なんかも入ってるので1ドローすることもできます。
そもそも上記の2種類、特に《イービル・ソーン》が入ってる理由としては《超栄養太陽》と組み合わせて植物族必須カード《ローンファイア・ブロッサム》を持ってくることにあります。なので、上記の事は二の次って感じになります。
あと《ギガプラント》も2枚入ってるので、ランク6が作りやすいので、ランク6エクシーズモンスターも1枚ですが入ってます。



こんな感じですかね。まだまだ調整中なので、おおまかな変更もあるとは思います。

納得のいくデッキ完成し、ある程度回して勝率も7割ぐらい取れるようになったらデッキアップしたいと思います。

でわでわー
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【久々に製作中のデッキの解説なんか】

今、遊戯王のデッキで製作しているのが5つあります。そのコンセプトとかやりたい事とかを整理すると同時に解説なんかしてみたり。・【Final Gemini Ⅲ -Assault Mode-】(リゾネーターデュアル)「リゾネーター」を軸に組んでいるデュアルデッキです。《ダーク・リゾネー...

コメント

非公開コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
23901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4594位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。