スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に遊戯王の話題

なんていうか・・・久々の話題だお!

今さっき【スタンダードハイランダー】たるものを作りました。名からわかると思いますが、「全制限カードにした状態のスタンダート」です。ようは全部1枚ずつの構成です。

まあ【ハイランダー】はかなりの量を作ってるんですけどねww
・【遊戯ハイランダー】
・【十代ハイランダー】
・【遊星ハイランダー】
・【シグナーハイランダー】
・【デュアルハイランダー】
・【スタンハイランダー】
・【ガチハイランダー】
・【シルミルハイランダー】

覚えてる範囲だとこのくらいですかね。たぶんまだまだ作ってると思いますがwwww
で、今回の【スタンダートハイランダー】は2作目になります。ちょっと強化しました。というよりかは、入れるカードのバリエーションを増やしたってだけであとは何にも変わってないんですけどね。

「SWIFT ATTACK DUEL HP」にも書いてある通り、【ハイランダー】はさまざまな方向から戦えるデッキです。なので、相手にデッキを回す方法などを悟られにくいって言うのも利点でしょうね。あくまでも自分の考えですけど。
まあたとえば、「そのタイミングでそのカードかよっ!w」って言わせたりwww
一言で言うなら、「神出鬼没」ってやつです。俺ってそういうデッキを作るのが好きみたいで、なんかやめられないです。

後は、【初心者用デッキ】とか作ったり。まあこれも読んで字のごとく、「初心者に扱いやすくするために構築されたデッキ」です。市販されている「スターターデッキ」とはまたちょっと違う構成などしてます。違うって言っても《サイバー・ドラゴン》などの「スターターデッキ」に入ってないカードがちょくちょく入ってるってだけなんですけどね。

【初心者用デッキ】を作るにあたって重要なのは「効果の理解」と「カードの使い方」です。最近だと「シンクロの方法」なども取り入れてますよね。
「効果の理解」に関しては、なるべくわかりやすく、文章の短いカードなどを使ってます。あとは「手札を1枚捨てて発動する。」など言ったコストを要するものだったり、発動タイミングがはっきりしているものなど、これらのカードを使って俺の場合は作ってたりしてます。
「シンクロの方法」に関しては、使うシンクロモンスターは「チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上」というもの限定です(例:《マジカル・アンドロイド》etc...)。「チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上」とかだと、間違ってシンクロしちゃう場合があるので、こういうシンクロモンスターは避けています。まあ、《ジャンク・ウォリアー》はまだ採用圏内ですね。理由はいたって簡単で基本的に墓地にレベル2以下のモンスターがいれば《ジャンク・シンクロン》1枚でシンクロできるからです。

とまあこんな感じで珍しい(?)デッキを作ってたりしてます。あくまでも最近は・・・ですが^^;

そういや、「ゴールドシリーズ2010」が発売するみたいですねw
意外と速かったなwwww
まあ、《リビングデッドの呼び声》は来るでしょうね。あと俺の予想だと《カオス・ソーサラー》もきそうですがww

あと年越し最初のパック「THE SHINING DARKNESS」で《ブラックフェザー・ドラゴン》が出てくるみたいですね。龍亜と《パワー・ツール・ドラゴン》涙目wwwww

今後の情報に期待ですね☆


今日はこの辺でノシ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6029位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。