スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュアルの真の砦始動・・・!

最近やたらと更新をサボっている白河です。

いろいろと忙しかったもんで、こちらのほうまで手がいきませんでした。ご了承くださいな。

さて、本題の前に、リンク更新しました。カテゴリ「リンク」よりどうぞ。へるさんのブログです。これからもよろしくで~す!!


では本題。

いままでいろいろなデュアルデッキを作ってきました。それも数えてみたら20以上あることが判明w

【二重其の壱―不死】なども作ってきました。しかし、構築が甘かったせいかいいデュエルはできていたのですが負けが多くなってしまいました。

いろいろと分析した結果、「キーカードが少なすぎる」という結果にたどり着きました。たとえば、【二重其の壱―不死】のキーカードは《ゾンビキャリア》と《馬頭鬼》の2枚だけ・・・

もうわかるとおり、これらが除外されてしまうと何にもできなくなってしまいます。

【二重其の弐―海城】に関しても、キーカードが《伝説の都アトランティス》×3の3枚のみ。これだけでは来る確率も低いし、ロックを張るデッキなのでこれが来ないとこちらも何もできなくなってしまいます。要は、このカードが来ないとデッキとして機能しなくなり相手を有利にさせてしまいます。


キーカードを増やすことによって、デッキとしても安定してそのデッキの動き方にも重視できるようになりました。

そして新たに作った【二重其の壱―死巧】

このデッキのキーカードはさっきの2枚に加え、《ピラミッド・タートル》×3、《クレボンス》×2、《ダーク・クリエイター》の8枚。
《ピラミッド・タートル》で《ゴブリンゾンビ》や《ゾンビ・マスター》などをもってこれるし、《ゾンビキャリア》が除外されても《クレボンス》でカバーもできる。すべてモンスターが破壊されたときは《ダーク・クリエイター》で場を保つことができる。

さらに【二重其の弐―氷勇】

これは、従来の水デュアルとは打って変わってコンセプトを変えました。前のデッキは、《伝説の都アトランティス》と《E・HERO アブソルートZero》を併用させていました。しかしこれでは《E・HERO アブソルートZero》が攻撃できなくなってしまうので、《伝説の都アトランティス》を撤廃して、《E・HERO アブソルートZero》を中心としたデッキに変えました。

《E・HERO アブソルートZero》とシンクロを併用させた形のデッキです。このデッキのキーカードは《E・HERO オーシャン》×2、《深海のディーヴァ》×3、《氷弾使いレイス》×3の8枚です。

《E・HERO オーシャン》がフィールドに出てる状態で、《深海のディーヴァ》を召喚。効果で《氷弾使いレイス》を持ってくる。《E・HERO オーシャン》と《深海のディーヴァ》をシンクロして《氷結界の龍 ブリューナク》を出す。その後、《ミラクル・フュージョン》で《E・HERO アブソルートZero》を召喚。

この時点で《E・HERO アブソルートZero》の攻撃力は3500となります。

この流れで手札消費はわずか最低2枚です。そして場には《E・HERO アブソルートZero》、《氷結界の龍 ブリューナク》、《氷弾使いレイス》の3枚。

まあこんな流れはめったにないんですけどねwwww


デッキレシピはこちらから見れますので、ぜひのぞいてみてください。
http://shinen2009.wiki.fc2.com/


こんな形で、また一からデュアルデッキを作っていきたいと思ってます。


そういやデュアルといったら次のストラク。話が長くなると思うので、追記で。コメ返も同じく行います。
次のデュアルストラクのカード一覧

モンスター

フェニックス・ギア・フリード
エヴォルテクター シェバリエ
フェデライザー
デュアル・ソルジャー
マジック・ストライカー
究極封印神エクゾディオス
聖導騎士イシュザーク
光帝クライス
無敗将軍 フリード
切り込み隊長
ならず者傭兵部隊
異次元の女戦士
カードガンナー
デュアル・サモナー
炎妖蝶ウィルプス
炎妖蝶ウィルプス
異次元の戦士
未来サムライ
戦士ラーズ
ダーク・ヴァルキリア

魔法

スーペルヴィス
精神操作
強者の苦痛

黙する死者
アームズ・ホール
増援
ビッグバン・シュート
闇の量産工場
神剣―フェニックスブレード
二重召喚
戦線復活の代償
思い出のブランコ
フォース・リリース
リボーンリボン



魔宮の賄賂
鎖付きブーメラン
炸裂装甲
ジャスティブレイク
正統なる血統
二重の落とし穴


mixiとかで「デュアルをもっと見ようよ」って言ってましたが、今思うとそう言えない気がしてきたんだ。このラインアップじゃ《精神操作》のほうとかに目がいくのもうなずける。

自分なりのこのデッキの目的を分析してみた。

1.なぜこんな強い(色塗った)カードが再録されるのか

一つの理由が、子供とかお金のない方のためかと思われます。大会とかでよくつかわれる《精神操作》とか《魔宮の賄賂》とかは安値では買えないカードです。要するに、573は「大会で勝ち抜く人=お金持ち」という現象をなくそうと考えたのかもしれません。

二つ目は、儲けるためです。573のほうも商売ですので、このくらいしないと、「デュエルマスターズ」や「ヴァイスシュヴァルツ」に負けをとられてしまいます。しかもこの不況の現実の中、こうでもしないと社員もろとも減らさなければいけない事態になりかねません。なのでこういった大胆な構築にしたのかもしれません。

2.このカードを入れることによってデッキにどういった利点があるか

モンスターに関しては、戦士主体だからだと思います。《カードガンナー》は機械ですが、デュアルモンスターは墓地からの特殊召喚がかなり容易です。なので、このカードの効果で「デュアルモンスターを墓地へ落とす」という役割を果たします。確率は低いですけどね^^;

魔法に関しては、《強者の苦痛》、《アームズ・ホール》は別に問題はないかと。《強者の苦痛》は実際俺もデュアルデッキに入れてました。《アームズ・ホール》はデュアルデッキには相性が悪いですが、デュアル専用装備カードである《スーペルヴィス》を持ってこれるので使い道がないわけではありません。しかし《精神操作》に関しては、まったくと言っていいほど入れる意味がないです。確かに、リリース要因をそろえるためには使ってもいいですが、それ以外に使うところがないです。あるとしたら「リバースモンスターの効果を使用する」ぐらいです。攻撃不可にしてまで持ってくる意味はあまりないと思います。明らかに他のデッキに使うべきカードだと俺は思います。

罠に関しては、別に入っててもおかしくはないと思います。《魔宮の賄賂》は実際俺も入れてましたし、いざという時に使えますしね。


《精神操作》より《生還の宝札》のほうがよかったんじゃないかな・・・と思う今日この頃・・・(デッキ的な意味で


では返信です

>すてりいさん

見間違えてたお(´・ω・`)
無力化とかと相性がいい気がしますが・・・どちらにせよ、今回のLEはネオスフィアしか使えるカードが見当たらないですよねw
スポンサーサイト

コメント

どうも、こちらでは初めまして。

デュアルデッキに対する考察と新デッキレシピを見せていただきました。

やはりデッキのキーカードというのは多い方がいいですね…
回り方に応用力が出ます。
さらにそこから新たな戦術が発展していく事を考えると…

デュアルは通常モンスターと扱うというのにもミソがありますよね。
サポートの多さは言うまでもありませんしw

よろしければ、自分のサイトでデッキ考察をさせて頂けませんか?
どうかよろしくお願いします OTL
非公開コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
23901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4594位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。