スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻獣機ハリアードの強さ

最近、幻獣機をよく使ってて思うのが「《幻獣機ハリアード》って組みようによってはいろんなデッキに入るんじゃないか?」ということ。

その要因としては、トークンを特殊召喚する条件です。

1ターンに1度、このカード以外のカードの効果を発動するために自分フィールド上のモンスターがリリースされた時

これが条件になるのですが、このカードの強いところは、カードの効果を発動するためだったらモンスター効果だけでなく魔法・罠の効果でもいいというところです。
有名なカードで言うと、《モンスターゲート》や《エネミー・コントローラー》です。これらのカードの発動のためにモンスターをリリースしてもトークンが出ると。
また、自身をリリースして発動する《ならず者傭兵部隊》だったり《イービル・ソーン》であっても発動します。

つまり、発動コストがトークンで補えると、そういうことになりますね。

元々、幻獣機はトークンを主軸にして動くデッキですので、墓地に送って発動するカードがてんでないです。すべてがモンスターのリリースが発動する条件になってきます。そのコストを補うために登場したのがこのカードです。

それを他のデッキでも応用させられるのは非常に強い。

例えば、《幻獣機ハリアード》が出ている状態で《ローンファイア・ブロッサム》の効果を起動し自身をリリース。デッキから《プチトマボー》を特殊召喚してトークンを特殊召喚する。この時点でレベル5・9のシンクロが可能となってきます。

問題は、このカードとリリースして発動させるモンスターをどう並べるか。魔法・罠であれば問題はないのですが、モンスターだとどうしても厳しくなります。《血の代償》を入れて召喚権を増やしたりすれば問題はないですけれども。

そういったことを含みで今デッキを考えています。モンスターが結構フィールドにたまるので、《D-HERO Bloo-D》や《神獣王バルバロス》なんてカードも入れてみたら面白そうですね。
スポンサーサイト

【デッキレシピ】セルフバウンス三沢

セルフバウンス三沢

モンスター 20枚

1《究極恐獣》
1《ウォーター・ドラゴン》
2《超古代恐獣》
2《オキシゲドン》
1《暗黒ヴェロキ》
3《ハイドロゲドン》
1《ハイパーハンマーヘッド》
1《奇跡のジュラシック・エッグ》
1《サイコ・コマンダー》
2《エア・サーキュレーター》
1《ジュラック・ガリム》
2《ベビケラサウルス》
2《サイコジャンパー》

魔法 11枚

2《マジック・プランター》
1《トレード・イン》
2《ボンディング-H2O》
2《化石調査》
1《おろかな埋葬》
1《死者蘇生》
2《緊急テレポート》

罠 9枚

1《ジュラック・インパクト》
1《リミット・リバース》
2《化石発掘》
2《デモンズ・チェーン》
3《リビングデッドの呼び声》

エクストラデッキ 15枚

1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《閃珖竜 スターダスト》
1《氷結界の龍 グングニール》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《ナチュル・パルキオン》
1《超念導体ビヒーマス》
1《氷結界の虎王ドゥローレン》
1《幻層の守護者アルマデス》
1《ナチュル・ビースト》
1《魔界闘士 バルムンク》
1《エヴォルカイザー・ラギア》
1《ラヴァルバル・チェイン》
1《ダイガスタ・エメラル》
1《ガチガチガンテツ》

――
デッキ解説

《超古代恐獣》の効果でドロー加速させつつ《ウォーター・ドラゴン》召喚を目的としたデッキです。
《リビングデッドの呼び声》や《化石発掘》などを使い恐竜族モンスターを蘇生。《超古代恐獣》はドロー回数に制限がないため蘇生を何回もすれば何回もドローできます。これで体制を整えていきます。
セルフバウンス軸なので《ベビケラサウルス》を蘇生させつつ蘇生に使った永続罠を回収。効果破壊し《オキシゲドン》などを呼び出します。これでドローもできデッキからモンスターも特殊召喚できと一石二鳥。
セルフバウンスしなくとも《マジック・プランター》で永続罠を墓地に送りドローしてから《ベビケラサウルス》の効果を使うというのも可能です。
セルフバウンスできるモンスターは《氷結界の虎王ドゥローレン》しかいませんが《ハイドロゲドン》と《緊急テレポート》で速攻的に召喚ができるため問題ありません。《獣神ヴァルカン》の採用は今検討中です。
このデッキで《化石発掘》はかなり重要なカードです。墓地に恐竜族がいれば手札の《ベビケラサウルス》をコストに自身を特殊召喚できます。またレベルに制限がないので《究極恐獣》が手札にいてもこのカードを楽に特殊召喚できるようになります。
《ベビケラサウルス》に関しては《リミット・リバース》でもいいのですが、墓地にいることが最低条件なのでそれを早めるために《ラヴァルバル・チェイン》や《おろかな埋葬》も採用しています。

《クレボンス》じゃなくて《サイコジャンパー》を採用している理由としては、単純に《ナチュル・パルキオン》などを召喚するためです。普通の人なら前者を採用して堅実にいくと思いますが、自分はそういうのはあまり好きではないので。どちらかというと選択肢を多くしたい人なので敢えてこちらを採用しています。

こんな感じでしょうか。質問等はコメントでどうぞー。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
23901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4594位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。