スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月末のオフに持っていく予定のデッキ など

お久です。実況や学校の方が忙しくこちらの方が疎かになってしまいました。

遊戯王

さて、今月末に遊戯王のオフ会があります。その影響で今急ピッチでデッキを組んでいる最中です。
とりあえず持っていくデッキは決定したので、紹介でもしてみようかと。そんなに強いデッキではないですよw

【神風デュアル弐式】(完成済)
以前に組んだのを改良且つカオスにしてみたデッキです。
いろんなテーマが入り混じっているので何が何だかわからないデッキですが、動き的には面白くなりました。
《ハーピィ・ダンサー》の登場がこのデッキの動きをより良くしてくれました。神風ダンサー恐るべし、です。


【ファントムシュトルム-Phantom Storm-】(完成済)
「幻獣機」を混ぜ合わせた《BF-天狗風のヒレン》デッキとなります。
幻獣機トークンをシンクロ素材にするという考えからこのデッキを製作しました。
このデッキのみサイドデッキが設けられていますが、オフ当日までに用意できるかは不明。できれば用意したいですが・・・。
サイドデッキと言ってもメタを張る目的ではなくスイッチ型です。


【真・ルシフェリオン・ブレイク】
おなじみ《フレムベル・デスガンナー》のデッキです。
前の日記でレシピを公開しましたが、がらりと内容が変わりました。
まず「炎王」が抜けました。理由としては2点。「下準備にかかる時間が遅い」「手札・フィールドアドバンテージの維持の困難」です。
まず前者ですが、以前に「セルフバウンス軸」と表記しましたが、それを行う最低条件が「デスガンナーとNFヘッジホッグが墓地にありフィールドに雷神鬼(ファルコンでも可)とリビデ(リミリバでも可)が揃っていること」になります。墓地に落とすことだけでもそれなりに時間がかかってしまい、そこから雷神鬼を用意するとなると10ターンあっても間に合うかどうか。ということで「セルフバウンス軸」というのは廃案になってしまいました。
そして後者。「炎王」というのは効果破壊されて何ぼのモンスターです。《炎王獣 ヤクシャ》がいればまだいけると思いますがスペースが無いというのと、炎王モンスターが少ないために、仮に炎王モンスターがない状態で破壊されるとディスアドになってしまいます。辛うじて打点的な意味で《炎王神獣 ガルドニクス》は入ってますがそれ以外が全て抜けてしまいました。さすがにこれで「炎王デスガンナー」と言うのは炎王使いの方に失礼極まりないので名前から除外させました。


【(もう一つ)】
作成中の2つのデッキから一方を選んで持っていくつもりです。


上記の4つのデッキのうち2つぐらいはHPの方にレシピ公開する予定です。
よかったら見てくださいね。参考になるかはわからんけど。


ゲームのこととか

先日、「ニコニコ超会議2」の方へ2日間参加してきました。
アトラスブースにて「真・女神転生Ⅳ」の体験版をやってきました。レビューと言うか感想なんかを書いてみようかと。

まず、システムに関して。
今作はゲームオーバーと言う概念がないらしいのです。というのもHPが0になったらお金さえ支払えば復活できるとかなんとか。ゲームオーバーにはなってないので本当かどうかはわかりませんが。要は、守護神がない状態の「真・女神転生 if...」みたいな感じになると考えてもらった方がいいかなと。自分はこれで解釈してます。
正直ゲームオーバーという概念がないというのは微妙かなって。「メガテン初心者に対して」という考えであっても、ナンバリングされているとなると話は別になってくる気がするのです。どういうことかというと、「Ⅳをやる→メガテンに興味持つ→古いのをやろうとVCなどでやり始める」という流れができてしまうという事です。ⅠからⅢまではもちろんゲームオーバーがあります。過去の作品に幻滅してしまうのではないかと思えてしまうのです。
ただこれはあくまでも推測であり、Ⅳの難易度がゲームオーバー制度を失くさないとやってられないぐらい高い可能性もありますが。
それから、Ⅰ~Ⅲでは施設としてあった「邪教の館」がⅣではどこでも使えるようになってました。勧誘した悪魔を瞬時に合体できる感じですかな?これはちょっと便利になったと思いますが、自分は古参厨の一角なのでこれも難易度減少の原因なのかなって思ってます。もしかしたら、「一定の場所でしかこの機能が使えない」などの制約がかかる可能性もありますがね。

プレイした感想は、なかなかよかったです。
3Dにすることで、立体感が出るのでより悪魔を悪魔らしく感じることができるのは素晴らしく思います。と言っても3D機能を使っている人は極わずかだそうですが・・・。これは3Dでやったほうが個人的には楽しめると思います。目が弱い方に対してはお勧めしません。
それから、HPを削って出す特技が、確か全てMP消費になってましたね。なので、魔法と特技を今まで以上にバランスよく使わないとすぐにMP切れを起こしてしまいます。体験版では所持アイテムが多めに設定されていたので困りませんでした。ですが、それでもチャクラポットは数個使った記憶があります。

総合的には、3DS買って製品版を実際にやりたいなと思いました。
元々「真・女神転生シリーズ」が好きなので「やりたい」とは思っていましたが、超会議でさらにその気持ちが強くなったのは確かです。作れる悪魔の種類とかも気になりますしねw


といった感じでしょうか。間違いなどがあると思いますがそこはご了承を。コメントとかで教えていただけると嬉しいです。


では今日はこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ancle(あんくる)

Author:ancle(あんくる)
ベイスターズとロッテのファン。
Twitter(一般):ryo_shirakawa
Twitter(アケ):ancle_coj
Twitter(旅):travelancle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
52842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9106位
アクセスランキングを見る>>
遊戯王Wikiと連動したよ!
FC2ランキング

FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。